TOPへ

トレーニングウェアもトレンド的・複合的な情報発信を目指す!?

Boss’s Column2018/04/23

 

トレーニングウェアもトレンド的・複合的な情報発信を目指す!?

hummelというスポーツブランドのウィメンズアパレルのショップが4月20日に、コレド日本橋でオープンするというので、取材に同行してきました。

スウェーデンで生まれデンマークでブランドを開花させたスポーツウェアブランド。

日本では㈱エスエスケイ(野球用品などで有名)社が取り扱いをしており、Hummelブランドの販売を行っています。

 

新店舗は、今までの専門店出店モデルとは少し異なり、販売対象のスポーツウェアは女性用のみ。

店舗のデザインもウェアを最前面に押し出したウェアショップという雰囲気はなく、ゆとりがあり、落ち着いた雰囲気の空間としています(オープン時は予定の半数程度のウェアの陳列とのことで今後補充していくとのこと)。

商品の陳列は流行りの雑貨ショップのような趣で、スポーツウェアを売るお店的な感じはせず、今までのスポーツショップとは明らかにコンセプトが異なると強く感じました。

 

私は、OL層を対象に機能性重視で大胆なパターンや色で作られたウェアを大量に陳列するショップを勝手に想像していました。

ところが実際のショップは、淡く優しい色調のスポーツウェアをまるでホームウェアを着まわすような陳列にしており、家具売り場の家具の配置や色などの提案をしているモデルルームのような感じになっています。

スポーツウェアを使用するシーンの幅を広げた提案をしているように受け取れました。

一言でスポーツウェアの販売といっても、使用するシーンの提案を通し購買層に訴えていく新たな展開の時期に来ているのだとあらためて思いました。

 

栖原雅美

RanRun Social

RanRunのソーシャルネットワークは、スポーツ女子インタビュー、大会取材やイベント風景、告知などの情報をリアルタイムでお届けします。