TOPへ
RanRun「知って得するお料理講座」 presented by homemadecooking

Lesson47  食物繊維も豊富な「いも羊羹」

フード 2019/10/15

ホームメイドクッキングさんに教えていただく「知って得するお料理講座」Lesson-47は、秋の味覚さつまいもを使った「いも羊羹」です。

ビタミンCやβカロテンを多く含むさつまいもは、食物繊維もたっぷり♪
おうちで手軽に作れる和菓子です。
さつま芋が美味しい時期にぜひチャレンジしてみてください。

 

<材料> 流し缶1台分

・さつまいも(正味)             400g
・上白糖                              100g
・水                                    180㏄
・粉寒天                                  4g
・塩                                       少々
・抹茶                             小さじ1/2
・栗の渋皮煮                            4個

 

<作り方>

① さつまいもは皮を厚めに剥き、2㎝幅位に切り、30分水にさらします。

 

 

② 鍋に水気を切ったさつまいもとかぶる位の水を入れ、柔らかくなるまで加熱します。

 

 

③ ざるにあけしっかりと水気を飛ばします。

 

④ 鍋に水と粉寒天を入れ沸騰するまで煮て、上白糖、塩を加えて弱火で2分ほど加熱します。

 

⑤ フードプロセッサーに③のさつまいもと④を加え、しっかり撹拌します。

⑥ ⑤の一部を取り、抹茶を混ぜ合わせます。

⑦ 両方の生地をヘラでさっと混ぜ、水で濡らした流し缶に入れ表面を平らにします。

⑧ 栗の渋皮煮を粗めに切り上に並べ、冷蔵庫で冷やし固めます。

⑨ お好みの大きさにカットし召し上がってください。

 

※抹茶の生地を良く混ぜれば抹茶風味のいも羊羹、或いはマーブル模様にするのも素敵です。

 

【食の豆知識】

※羊羹やジャムのような砂糖をたくさん使った食品が腐りにくいのは、砂糖が食品の水分を抱え込み、カビや細菌などの微生物がその水分を利用しにくくなるからです。
砂糖が高濃度で使われることにより食品の保存性が増しますヨ。

 

基礎から学べる料理教室

<監修>

加藤美弥子氏
株式会社ホームメイドクッキング メニュー開発統括

 

 

RanRun Social

RanRunのソーシャルネットワークは、スポーツ女子インタビュー、大会取材やイベント風景、告知などの情報をリアルタイムでお届けします。