TOPへ
第1回レシピコンクール 食欲が無くてもエネルギー摂取できる「勝負メシ」6

ぱくぱくピリ辛韓国風生春巻き

フード 2017/08/02

第1回スポーツ女子の「食」を支えるレシピコンクール応募作品より
女子スイマーのために考えてくれた食欲が無くてもエネルギー摂取できる「勝負メシ」をご紹介!
6番目は、ピリ辛ソースで食べるそぼろご飯の入った一口サイズの生春巻き。
スポーツ女子の皆さん、ぜひ、お試しあれ!

考案者コメント
少しピリ辛のソースと胡麻油の香りがほんのりする生春巻きで、
食欲が無くても一口サイズでぱくぱく食べられる一品です。

<材料>  1人前
そぼろご飯
ご飯  100g
豚ひき肉  60g
ニンジン  15g
玉ねぎ  20g
ごま油  小さじ1/2
塩    2g

薄焼き卵
卵  1個
塩  0.5g
ごま油 小さじ1/2

タレ
コチュジャン 小さじ1
ケチャップ 小さじ2
濃口醤油 小さじ1
ごま油 小さじ1
ライスペーパー 4枚
韓国海苔 2枚
ほうれん草 50g
キャベツ 20g

 

<作り方>
1.人参と玉葱をみじん切りにする。
ほうれん草は茹で、水気を切り根だけを切り落とす。
キャベツは千切りにする。

2.薄焼き卵を作る。卵を溶き、塩を加え混ぜる。
フライパンに胡麻油をひき、卵を焼く。焼けた卵は1cm幅に切る。

3.そぼろご飯を作る。フライパンに胡麻油をひき、豚ひき肉を炒める。
豚ひき肉にある程度火が通ったら、みじん切りにした人参と玉葱を加え炒める。
炒まったらボウルに移し、ご飯と合わせ混ぜる。

4.ソースを作る。コチュジャン、ケチャップ、濃口醤油、胡麻油を合わせる。

5.ライスペーパーをぬるま湯につけて戻し、具材を巻いていく。
最初に薄焼き卵をのせ1回巻く。次に千切りキャベツ、ほうれん草、そぼろご飯、韓国海苔の順にのせ、巻く。食べやすい大きさに切る。

6.ソースを付けて食べる。

 

<考案者>森田 万貴さん

 

 

RanRun Social

RanRunのソーシャルネットワークは、スポーツ女子インタビュー、大会取材やイベント風景、告知などの情報をリアルタイムでお届けします。