TOPへ

アロマで集中力をアップしよう

アロマで集中力をアップしよう
ヘルスケア 2016/08/29

集中力があれば、勉強や作業を能率よくこなすことができるだけでなく、それ自体をもっと楽しむことができます。今回は、集中力をテーマにアロマをご紹介したいと思います。

 

集中力を高める環境には個人差があります。アスリートの方で音楽を聴いてテンションをキープしたり、集中したりするという話をよく耳にします。逆に、音にとても敏感になってしまうという方もいらっしゃいますね。

 

今、音楽とアロマの組み合わせもとても注目されている分野です。個人差はありますが、いろいろ試してみてはいかがでしょう。自分の好みの音楽に、自分の大好きなアロマを組み合わせると、思わぬ効果が期待できるかもしれません。

 

しかし、どんなに好みのアロマであっても、“集中”したい時などに、眠気や鎮静作用のあるものを使うと、本当にリラックスしすぎて寝てしまうなど逆効果
どちらかと言うと、「疲れて眠くてもここでは寝られない」「もっと作業を効率よく」のような時に、この集中力アップのアロマを試してみることをオススメします。

 

アロマの瓶

 

【簡単な方法】

ティッシュ、ハンカチ、枕カバーなど熱湯を入れたコップに精油を数滴落として香らせます。オフィスや外出先でも簡単にできます。

 

【ルームスプレー】

100ccの精製水をスプレー容器に入れ、精油を10~15滴(最高20滴まで)落とし、よく振り混ぜてから使用します。 上記の精製水のうち、無水エタノールを10~30%の割合で加えると香り立ちや殺菌力が高まります。

 

【蒸気吸入】

洗面台や洗面器、ボウルなどに熱湯を注ぎ、精油を1、2滴落とします。頭からバスタオルをかぶり、蒸気が逃げないようサウナのような状態にして、5分~10分位ゆっくり深く蒸気を吸い込みます。この時目は必ず閉じて下さい。

 

【手浴・足浴】

手首や足首の上まで浸る洗面器やバケツを用意します。熱めのお湯(入浴よりやや高めの温度)を洗面器やバケツに注ぎ、精油を1~3滴落として手や足を15分位浸します。熱湯を足しながら行います。精油の香りを楽しみながら、ゆったりとした気分で過ごしましょう。好きな音楽を流しながら行うのもよいですね。

 

食事

 

【おススメのアロマ】

ローズマリー ホルモンバランスや緊張、頭痛緩和にも良いとされるローズマリーは、
本当に万能ですね。料理をされる方はご存じかと思いますが、コショウなどのスパイスとしても売られてます。もちろんハーブティもあります。スーッとして刺激的な香りです。やる気を起こして、記憶力を高めてくれます

 

ペパーミント 集中力アップと言えば、王道のペパーミントですね!
歯磨き粉やガム、タブレットにもなっている、おなじみのスーッとした、ご想像どおりの
香りです。メントールの香りが、眠気を覚まし、頭をスッキリとさせてくれます

 

ユーカリ ユーカリと言えば、“コアラ”を思い出す方も多いと思いますが、ローズマリーに似た刺激的な香りがします。ビップスヴェポラップ(風邪の時に塗るあれです)にも使われているメントール系で、鼻の奥にも届くので、鼻炎の時にもとても良いです。抗菌・殺菌作用もあるので、風邪予防などにも最適です。気持ちをリフレッシュさせて、集中力を高めてくれます

 

レモン

 

レモン 果物のレモンを搾った香りです。そのままですが、どちらかと言うと皮をつぶした渋めの香りです。香りは弱めです。
気持ちを明るくリフレッシュさせてくれます。意識が冴えて作業効率がアップします

 

レモングラス レモンに比べると鮮烈な香りがします。迷ったらこちらを選ぶと一般的な“レモン”のイメージに近いかと思います。

 

※いずれも、ハーブティーとして市販されている物もたくさんありますので、リフレッシュしたいちょっとした時に、温かいハーブティーでも試してみてください

 

観葉植物とコーヒー

 

※参考
アロマオイル事典
http://www.aromaoils.jp/index.html

 

<講師プロフィール>
アロマテラピーアドバイザー/ mimi

モチベーションを上げる時に聴く曲
嵐:  1 .Hero  2. Oh Yeah!