TOPへ
新歓応援2020 コロナに負けるな

奇跡は自分で手繰り寄せるもの 大阪市立大学漕艇部⑪

ピープル 2020/04/15

ボート部の授業説明会に行くまでボート競技というものを知らなかったと話すのは、工学部機械工学科新2回生の阿茂瀬 凱生(あもせ・かいき)さん。同じ学科の先輩からボートの魅力について話を聞き、説明会の最後に流れた新歓PVを観て、全力でボートに向き合う先輩たちの姿に「凄い」と思ったそうだ。

気付いたら何度もボート部の新歓に足を運んでいたという阿茂瀬さんは、いつしかボート部の先輩たちのようになりたいと思うようになり、尊敬から目標に変わっていったと言う。

もともとコツコツと頑張ることが好きで、体格的にも自分はボートに向いているように思い、入部を決めた。

 

野球とボートの違い
小中学校で野球をやっていた阿茂瀬さんは、同じチーム競技でも選手ひとりひとりに違う役割があり、与えられた役割をこなすことがチームへの貢献になる野球とは違い、ボート競技は全員が同じ動きをすることで艇を動かし、より一層の統一性「ユニフォーミティ」が必要だと話す。

どんなに個々に力があっても、一人がズレてしまうと艇は進まない。
しかし、全員の動きが揃うと艇はぐんぐんと進み、まるで水の上を滑っているかのように動き出すのが面白いと教えてくれた。

1年ボートに取り組んできて思うことは、「奇跡は自分で手繰り寄せるものだ」ということ。
ボート競技は、一発逆転の秘策というものは少なく、番狂わせもあまり起きない。
つまり、日々の練習や努力が必要ということだ。

実際に艇に乗って技術を磨いたり、エルゴ(陸上でもローイング動作を再現することができるマシーン)を使った練習を行ったりするが、練習はハードで心が折れそうになることもある。
しかし、「この練習を乗り越えて勝利を掴むのは最高に楽しく、これからの人生でかけがえのない記憶になると思います」と阿茂瀬さん。

以前は1人で黙々と何かをすることがあったが、ボートについて先輩にアドバイスをもらう機会が増え、人からなんでも吸収しようという貪欲さみたいなものも身についてきたと話す。

 

ボート部の魅力はメリハリのある生活

大阪市大ボート部は共同生活を送っているので、1年のほとんどを部員と過ごすことになる。
長い時間一緒にいると余計な遠慮をする必要がなくなり、とても安心するそうだ。
先輩たちは2回生の阿茂瀬さん達以上に一緒にいる期間が長いので、まるで家族のように、とても賑やかな生活をしている。

それでも練習が始まれば、みんながボートに真剣に向き合うといったメリハリもあり、練習に妥協しないところがボート部のいいところだ。
「練習が終わると、マネージャーさんが作ってくれた晩ご飯を食べながらワイワイするのも楽しいですよ」

 

 

まだ部活に入って1年しか経っていないため、あまり部の中心となるような役職はしていない阿茂瀬さんだが、主務についてやりがいのある役職だと感じているそうだ。

主務の仕事は練習自体に関わるものは少ないが、自分たちが生活をしていく中で必要な経費などを調べたり、OB・OGさんたちと交流する機会を作るような橋渡しの役割も担っている。

忙しいとは思うが、成長できる役職だと教えてくれた。

そんな阿茂瀬さんの今年の目標は、全日本新人選手権大会でA決勝進出することだ。

2019年浜寺杯新2回生集合写真

 

阿茂瀬さんからのPRコメント

大阪市大ボート部のなによりの特徴は一生懸命頑張るところです。
それを感じたのは入部して初めての選考会のときでした。
練習場の空気がいつもと違っていて、選考が始まると選手は文字通り命を削りながらエルゴを引いていて、1年生は見学させてもらったんですが、この選考にかけていることがわかるくらい、気迫をひしひしと感じました。
応援をする人も全員が熱くなっていて、それを見ていると自分は今まで一生懸命がんばってきたのか、命が削れるぐらいやってきたのかなど考えてしまうぐらい、先輩たちの気迫に押されてしまいました。
でもそれぐらい本気になれるものがあるというのもとても素晴らしいことですし、その集団に所属できているというのもとても光栄だと思います。

つづく

 

HP http://ocurc.org/
公式Twitter;@OCURC2017
新勧Twitter;@ocurc_shinkan

 

 

 

 

  1. チームの雰囲気作り担当の盛り上げ係 大阪市立大学漕艇部⑩

    チームの雰囲気作り担当の盛り上げ係 大阪市立大学漕艇部⑩

    高校時代、テニスで近畿大会に出場し、大きな舞台で戦うことの楽しさを知っていた井上萌さんは、大学に入学した時から人生最後の学生生活は、体育会系の部活でスポーツに熱…

  2. 失敗してもサポートしてくれる仲間がいる 大阪市立大学漕艇部⑨

    失敗してもサポートしてくれる仲間がいる 大阪市立大学漕艇部⑨

    ボート部マネージャー竹西あかねさん。「マネージャーの仕事はいろいろありますが、漕手の健康やパフォーマンスにも大きく関わっていて、その一つに食事の管理があります」…

  3. 思考力、志向力を磨くボートという競技 大阪市立大学漕艇部⑧

    思考力、志向力を磨くボートという競技 大阪市立大学漕艇部⑧

    工学部3回生の安田圭佑(やすだ・けいすけ)さんは、中学・高校で運動部に所属していたが、大学では部活に入るつもりはなかった。既にボート部に入部していた友人に試乗会…

  4. アツ過ぎる先輩の言葉でボート部マネージャーに 大阪市立大学漕艇部⑦

    アツ過ぎる先輩の言葉でボート部マネージャーに 大阪市立大学漕艇部⑦

    大阪市立大学漕艇部の特集を組むきっかけを作ったのは、新人勧誘チーフを担当する3回生マネージャーの加藤涼華さんだ。加藤さん自身も相当アツいマネージャーさんだが、彼…

  5. 共に頑張れる仲間がいるから人として成長できる 大阪市立大学漕艇部⑥

    共に頑張れる仲間がいるから人として成長できる 大阪市立大学漕艇部⑥

    昨年、インカレに出場し、初めて全国の舞台で艇を漕いだ柏木美咲さんは、一緒に艇に乗った4回生の先輩からたくさんのことを教わった。 続いて開催された全日本新人選手…

  6. 人生最後のトップで戦うチャンスを掴みたい 大阪市立大学漕艇部⑤

    人生最後のトップで戦うチャンスを掴みたい 大阪市立大学漕艇部⑤

    友達に誘われて行ったボート部の新勧で、先輩たちの部活に懸ける強い気持ちや、どれだけ高いレベルで戦っているかという話を聞き、「自分もここで活躍したい、全国で戦いた…

  7. 先輩が一緒に授業を組んでくれる授業説明会  大阪市立大学漕艇部④

    先輩が一緒に授業を組んでくれる授業説明会  大阪市立大学漕艇部④

    入学したばかりの1年生にとって、授業の登録は結構ハードルが高い。ボート部では、先輩が授業の取り方を丁寧に教えながら,授業を一緒に組んでくれるのだ。梶尾優月さんは…

  8. 自分の居場所をみつけた 大阪市立大学漕艇部③

    自分の居場所をみつけた 大阪市立大学漕艇部③

    部員ひとりひとりが違った個性を持ち、違った考えを持っているけれど、全員が目標に向かって頑張りたいという気持ちを持っている。それこそが何よりも大阪市立大学ボート部…

  9. これを頑張ったと言えるものが欲しかった 大阪市立大学漕艇部②

    これを頑張ったと言えるものが欲しかった 大阪市立大学漕艇部②

    ボート部はどの団体よりも「本気になる楽しさ」を味わえる場所と表現する女子主将の横山侑希(よこやま・ゆうき)さんは 工学部機械工学科新4年生のリケジョだ。 …

  10. 風を切りながら進むあの疾走感がたまらない!大阪市立大学漕艇部①

    風を切りながら進むあの疾走感がたまらない!大阪市立大学漕艇部①

    ボートの魅力を尋ねると「語りだしたらキリがありませんが」と笑うのは、大阪市立大学漕艇部(以下ボート部)男子主将 喜寅麿紳(きとら・まろのしん)さん(工学部機械工…

RanRun Social

RanRunのソーシャルネットワークは、スポーツ女子インタビュー、大会取材やイベント風景、告知などの情報をリアルタイムでお届けします。