TOPへ
新歓応援2020 コロナに負けるな

思考力、志向力を磨くボートという競技 大阪市立大学漕艇部⑧

ピープル 2020/04/11

工学部3回生の安田圭佑(やすだ・けいすけ)さんは、中学・高校で運動部に所属していたが、大学では部活に入るつもりはなかった。既にボート部に入部していた友人に試乗会に誘われるまでは。

試乗会で会ったボート部の先輩たちと仲良くなり、「この人たちとなら頑張れそう」と思い入部を決めたそうだ。

 

ボートの魅力

安田さんが思うボートの最大の魅力は、艇のバランスが決まった時の気持ち良さだ。
もちろん、速いスピードが出た時の楽しさも魅力だが、艇に乗っている全員の呼吸が合いバランスが決まった時の気持ちよさ、一体感がとても好きだと言う。

中高の部活では、言われたことを淡々とこなすような過ごし方をしていたため良い成績を収めることはできなかったと安田さんは振り返る。

ボート部に入りボートに全力で取り組むなかで、「何も考えずに淡々とこなしているだけでは何も変わらない」ことに気付いた。
自分自身で自分に何が足りないのかを考えるようになり、それをこなしていくことで「思考力」、また上を目指そうと言う「志向力」がついたと実感している。

また、安田さん自身は役職の経験はないが、役職に就いている仲間のことを「人のまとめ方や頼み方、仕事の内容などなどとても成長したな」と思うことがよくあるそうだ。

全員が目指す日本一

部の魅力は、他の部員のインタビューにもあるように「仲の良さ」だと言う。
共同生活をしているからということもあるが、まるで家族のようだと笑った。

そんな仲間全員が「日本一」という目標に向かって全力で取り組んでいる。
楽しむ時は楽しみ、やる時はやるというメリハリのついた環境も魅力のひとつである。

今年は“日本一”という目標にむけて部員全員がとても良い雰囲気で取り組めている。
それをさらに勢いづかせ、引っ張っていけるような選手になりたいと安田さんは目標を語ってくれた。

 

安田さんからPRコメント

市大ボート部は、強くなるための環境がどの部活よりも整っていると思います。
4年間充実した時間を過ごしたい、人として成長したい、何かに全力で取り組みたいという人たちは是非ともボート部に入って欲しいと思います。

つづく

 

HP http://ocurc.org/
公式Twitter;@OCURC2017
新勧Twitter;@ocurc_shinkan

 

 

 

  1. 風を切りながら進むあの疾走感がたまらない!大阪市立大学漕艇部①

    風を切りながら進むあの疾走感がたまらない!大阪市立大学漕艇部①

    ボートの魅力を尋ねると「語りだしたらキリがありませんが」と笑うのは、大阪市立大学漕艇部(以下ボート部)男子主将 喜寅麿紳(きとら・まろのしん)さん(工学部機械工…

  2. これを頑張ったと言えるものが欲しかった 大阪市立大学漕艇部②

    これを頑張ったと言えるものが欲しかった 大阪市立大学漕艇部②

    ボート部はどの団体よりも「本気になる楽しさ」を味わえる場所と表現する女子主将の横山侑希(よこやま・ゆうき)さんは 工学部機械工学科新4年生のリケジョだ。 …

  3. 自分の居場所をみつけた 大阪市立大学漕艇部③

    自分の居場所をみつけた 大阪市立大学漕艇部③

    部員ひとりひとりが違った個性を持ち、違った考えを持っているけれど、全員が目標に向かって頑張りたいという気持ちを持っている。それこそが何よりも大阪市立大学ボート部…

  4. 先輩が一緒に授業を組んでくれる授業説明会  大阪市立大学漕艇部④

    先輩が一緒に授業を組んでくれる授業説明会  大阪市立大学漕艇部④

    大阪市立大額漕艇部の皆さんのインタビューで何度も耳にする「授業説明会」とは、どうやら新勧イベントのひとつらしい。 入学したばかりの1年生にとって、授業の登録は…

  5. 人生最後のトップで戦うチャンスを掴みたい 大阪市立大学漕艇部⑤

    人生最後のトップで戦うチャンスを掴みたい 大阪市立大学漕艇部⑤

    友達に誘われて行ったボート部の新勧で、先輩たちの部活に懸ける強い気持ちや、どれだけ高いレベルで戦っているかという話を聞き、「自分もここで活躍したい、全国で戦いた…

  6. 共に頑張れる仲間がいるから人として成長できる 大阪市立大学漕艇部⑥

    共に頑張れる仲間がいるから人として成長できる 大阪市立大学漕艇部⑥

    昨年、インカレに出場し、初めて全国の舞台で艇を漕いだ柏木美咲さんは、一緒に艇に乗った4回生の先輩からたくさんのことを教わった。 続いて開催された全日本新人選手…

  7. アツ過ぎる先輩の言葉でボート部マネージャーに 大阪市立大学漕艇部⑦

    アツ過ぎる先輩の言葉でボート部マネージャーに 大阪市立大学漕艇部⑦

    大阪市立大学漕艇部の特集を組むきっかけを作ったのは、新人勧誘チーフを担当する3回生マネージャーの加藤涼華さんだ。加藤さん自身も相当アツいマネージャーさんだが、彼…

RanRun Social

RanRunのソーシャルネットワークは、スポーツ女子インタビュー、大会取材やイベント風景、告知などの情報をリアルタイムでお届けします。