TOPへ

先輩後輩のパイプ役になる。合気道で学ぶ日本の礼儀と精神

女性が男性を投げる時は圧巻です!合気道は筋力が無い女性でも男性と一緒にできるスポーツと聞いて合気道を始めたというのは、西南学院大学体育会合気道部で女性リーダー兼副務として活動する牧口愛結子さん(法学部新三回生)。合気道の魅力や今後の目標、武道ガールのライフスタイルなどを教えてもらった。

makiguchi

 

合気道との出会い

高校では女子ソフトボール部に所属していた牧口さんだが、色々なことにチャレンジしたいと思い、大学ではまだ経験のなかった武道をやってみたいと思っていたそうだ。筋力がない女性でも男性と一緒にできるスポーツであることと、道具を使わずに素手で始められると聞いて合気道を選んだ。

 

 

1回2時間の稽古を週4回。最初の30分は準備体操と受け身の稽古をする。
その後、休憩を挟みながら10前後の技の練習をしている。部の稽古が終わった後も、自由に居残り稽古をしているそうで、わからなかったところの復習、昇級審査に向けた練習、受け身や演武の練習、投げ合いなどをしている。

 

 

合気道の魅力

「やっぱり、男性とも組んで一緒にできるところです。女性が男性を投げるときは圧巻です!」と牧口さん。合気道は筋力を使わずに投げるところが他のどのスポーツとも違い難しいところでもある。そのポイントがわかった時が、合気道がすごく楽しくなる時だと思うそうだ。

 

 

牧口さんにとって男性と組んで一緒にできることを魅力に感じる合気道だが、それでも男女で差ができてしまうことも痛感しているようだ。一緒に合気道を始めた男子が、自分はまだできない技をできるようになっている時には、焦りを感じ羨ましく思うこともある。

 

演武会シーズンは、体が回復しないうちに稽古を詰めてやらなければならないため、ケガをする人が増えてしまうという。人間観察が好きな牧口さんは、部員の表情や体調など小さな変化に気付けるよう心掛けているそうだ。

 

牧口さんの役職は女子リーダー兼福務ということで、主将のように部の中心になるのでもなく、主務のように事務仕事をこなしたり部外と関わったりするのでもないため、「仕事してないじゃん」とよく言われてしまうと苦笑い。先輩、後輩とのパイプ役になれるよう密かに動いていたりする。

また、合気道部がもっと他大学と交流をしていくとよいと考える牧口さんは、自分経由ででも他大学と仲良くなれればと思い、自分から他大学の人に話しかけるなど、積極的に関わるようにしている。

 

 

 

ライフスタイルについて教えて

パーカーを着るのが好きな牧口さんは、Right-on や LOWRYS FARM のようなカジュアルでコスパのよいブランドがお気に入り。「Right-onはメンズも可愛いですよね」と答えてくれた。

 

食事については、自宅生ということもありお母さんが用意してくれる。気をつけていることはありますか?と尋ねると、「いただきます」と「ごちそうさま」を言うように気をつけていると笑って答える。「日本文化は大切にしていきたいですよね」と言いつつ、実は「いただきます」で始まって「ごちそうさま」で終わると、食事を一つの行動として捉えるので食べ過ぎ防止になると本で読んだのだと明かしてくれた。

 

 

今後の目標は?

合気道を始めて、武道ならではの日本の礼儀、精神、所作を学んでいる。牧口さんの目標は初段を取得すること。5月の審査会での取得を目指す。また合気道部の部員として、後輩の技の上達を手助けし、同期の仕事のサポートと部内のいい空気作りを心掛けたいと話す。

 

 

 

大学合気道部をおススメ

部員の8割が初心者で、運動初心者もいます!個人に合わせて上達できます。ちょっとジム行こうかなくらいの気持ちで始められる無理のない運動量で、女子でも大丈夫。演武は迫力があって男子でも物足りなくなることはありません。他大学との交流もたくさんあります。ぜひ見学だけでも来てください!!

 

合気道部年間スケジュール

4月 新歓
5月 合気道祥平塾演武会
6月 全九州学生合気道連合(学連)昇級審査 学内演武会
7月 テスト前休暇
9月 夏合宿 審査
10 月 学連審査 西南九大合同演武会練習開始
11 月 合同演武会
12 月 全九演武会
1月 テスト前休暇
2月 集中げいこ or 合宿
3月 卒業生送別会 学連審査 追いコン

 

モチベーションを上げる曲

最近のお気に入りは、西野カナさんのhave a nice day。

可愛くて、今日も頑張ろうって思えるそうだ。