TOPへ

映画『THE INFORMER/三秒間の死角』デジタル配信開始

2020/06/26

FBIに裏切られた情報屋。
自分を取り巻くすべての組織から命を狙われ、生きて刑務所を脱出できるのか
絶体絶命となった男の、究極のクライム・サスペンスのデジタル配信がスタート。

主人公の情報屋ピート・コズローを演じるのは、『ロボコップ』のジョエル・キナマン。
FBI捜査官ウィルコックスに『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイク、NY市警の刑事グレンズに『スーサイド・スクワッド』のコモン、ウィルコックスの上司モンゴメリーに『クローサー』のクライヴ・オーウェンなど、実力派俳優陣の競演からも目が離せない!

ステファノ監督がFBIやDEA(アメリカ麻薬取締局)へ出向いて捜査員から直接話を聞き、ニューヨークの刑務所を訪ね、情報屋だった人物にも詳しく話を聞いて作り上げた。
徹底的にリアリティを追求し、冒頭から漂う不穏な空気にいやでも緊張感が高まる。
瞬きすら許さない緊迫のクライムサスペンスを、ぜひデジタル配信で楽しもう!

<ストーリー>

妻と娘との暮らしを守るため、自由の身と引き換えにFBIの情報屋になった元狙撃兵のピート(ジョエル・キナマン)は、最後の任務としてマフィアに潜入し、刑務所内での麻薬組織作りに着手する。
FBIの裏工作で競合組織を壊滅させたピートだったが、NY市警の横やりによって、FBIに裏切られ、全ての組織から命を狙われることになる。
果たしてピートは、FBI、マフィア、NY市警、囚人たち全てを出し抜き、刑務所から脱出することができるのか。

本作のデジタル配信開始を記念して本編冒頭映像が解禁!その映像はこちら

英国推理作家協会賞、スウェーデン最優秀犯罪小説賞という、ミステリー界の権威ある賞に輝いたベストセラー小説「三秒間の死角」(角川文庫)を、キアヌ・リーブスを再ブレイクさせた『ジョン・ウィック』シリーズのプロデューサー、ベイジル・イヴァニクが映画化した本作。

アンドレア・ディ・ステファノ監督は、アカデミー賞5部門を受賞した傑作『フレンチ・コネクション』(1971)の、ドキュメンタリータッチの演出と映像にインスパイアを受け、徹底的なリサーチを元にリアリティを追求した。

 

薄暗い明りの中、鍛え上げられた上半身をあらわに、情報屋としての最後の任務、麻薬組織壊滅作戦に向け入念に準備をしているピート(ジョエル・キナマン)。
妻と娘の顔をタトゥーにして胸に刻むほど、家族を愛する彼は、今回の任務を成功させれば晴れて自由の身になれる。
失敗は許されない。そこへ1本の電話がかかってくる。
画面に表示された文字は”Mother”。
FBI捜査官ウィルコックス(ロザムンド・パイク)の存在をカモフラージュしているのだった。
同時に、麻薬組織への案内役スタゼックからの電話が鳴る。
全て予定通り。翌朝の麻薬取引に向け、ピート、FBI、麻薬組織、それぞれが動き出すー。

 

 

出演:ジョエル・キナマン、ロザムンド・パイク、コモン、アナ・デ・アルマス、クライヴ・オーウェン
監督:アンドレア・ディ・ステファノ
原作:「三秒間の死角上/下」(角川文庫刊)
配給:ショウゲート
©Wild Wag films Productions 2018
2019/カラー/イギリス・アメリカ・カナダ/スコープ/113分/
原題:THE INFORMER
公式サイト:https://informer-movie.jp
博報堂DYMaP洋画情報まとめサイト
【CineRack シネラック】:https://cinerack.jp

6月26日(金)より順次配信開始!
<都度課金>
Amazonプライム・ビデオ、iTunes、U-NEXT 他
※配信開始日・価格は、配信サービスによって異なる場合があります。詳しくは各配信サービスをご確認ください。

 

 

0

RanRun Social

RanRunのソーシャルネットワークは、スポーツ女子インタビュー、大会取材やイベント風景、告知などの情報をリアルタイムでお届けします。