TOPへ

2015年11月21日公開「流れ星が消えないうちに」

流れ星が消えないうちに
2015/10/07

作品紹介

女子大生の奈緒子は、かつての恋人・加地が事故死した以降、自分の部屋で寝ることができなくなり、玄関に布団を敷いて寝ている。そんな奈緒子を支える現在の恋人・巧もまた、かつての親友・加地に対する後ろめたい想いに悩んでいた。加地青年の魅力が伝わる過去のエピソードが幾重にも織り交ぜられ、奈緒子と巧それぞれの悲しみが伝わってくる。奈緒子の父、妹、巧の姉との絡みが、二人が前に進むきっかけとなっていき、家族っていいなと心がホワッとする。人恋しくなる秋にぴったりの作品だ。プラネタリウムのシーンではたくさんの流れ星が流れるので、一緒に願い事をしてはどうだろう。

 

出演 波留・入江甚儀・葉山奨之・黒島結菜・西原亜希・小市慢太郎・石田えり

原作 橋本紡『流れ星が消えないうちに』(新潮文庫刊)

監督・脚本 柴山健次

音楽・加藤久貴

主題歌 塩ノ谷早耶香「流れ星」(キングレコード)

挿入歌 桐嶋ノドカ「柔らかな物体(piano ver.)」(A-Sketch)

制作 「流れ星が消えないうちに」制作委員会

 

 

RanRun Social

RanRunのソーシャルネットワークは、スポーツ女子インタビュー、大会取材やイベント風景、告知などの情報をリアルタイムでお届けします。