TOPへ
世界一有名な誘拐事件を映画化

ハラハラしっぱなしの緊張感!映画『ゲティ家の身代金』

2018/05/21

あなたならどう闘う?最高のサスペンス映画が間もなく公開になる。 資産50億ドル(約1.4兆円)の資産家ゲティの孫17歳のポールが誘拐された。犯人が要求したのは1700万ドル(約50億円)。なんと祖父ゲティは身代金の支払いを拒否!ポールの母ゲイルが息子救出のため、犯人と義父ゲティを相手に闘う物語だ。ポールが誘拐犯達と対峙するシーンと同時進行で、最後まで息をのむ展開に引き込まれる。あなたがゲイルなら?あなたがポールなら?駆け引きに目が離せない。

 

<ストーリー>

1973年、世界一の大富豪にギネス認定された石油王ジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)の孫ジョン・ポール・ゲティ3世(チャーリー・プラマー)がローマで誘拐された。

誘拐犯からポールの母ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)の元に電話が入る。
既に離婚していたゲイルと子供達は、ゲティと疎遠になっていた。
ゲイルは身代金の支払いをゲティに頼みに行くのだが・・・
稀代の守銭奴でもあったゲティは身代金の支払いを断固拒否する。

しかしその裏で、ゲティは元CIAのフレッチャー・チェイス(マーク・ウォールバーグ)に誘拐犯との交渉を指示し、ポールの母ゲイルの元へ向かわせた。

「交渉しないのも交渉術のひとつ」というフレッチャー。
一向に身代金が支払われる様子はなく、犯人グループは痺れを切らしていく。

身の危険を感じたポールは、自力での脱出を試みるが・・・

俄然として支払わないゲティ、狂言誘拐を疑い始める警察、加熱するマスコミ報道。
全世界大注目の中、非情な誘拐犯と冷酷な大富豪を相手に、ゲイルは戦いを挑んでいく。

本年度アカデミー賞(助演男優賞)、ゴールデン・グローブ賞(監督賞、主演女優賞、助演男優賞)、英国アカデミー賞(助演男優賞)ノミネート!!
1973年に世界を震撼させたゲティ三世誘拐事件を巨匠リドリー・スコットが映画化した華麗で異常な傑作サスペンスだ。

全米公開直前に起きたジャン・ポール・ゲティ役ケヴィン・スペイシー降板劇から数週間で再撮影し、賞レースに食い込む奇跡の大逆転劇も話題を呼んだ。

 

原題・英題 All the Money in the World
原作:ジョン・ピアースン「ゲティ家の身代金」(ハーパーコリンズ・ジャパン刊)
監督:リドリー・スコット
脚本:デヴィッド・スカルパ
出演:ミシェル・ウィリアムズ、クリストファー・プラマー、ティモシー・ハットン、ロマン・デュリス、チャーリー・プラマー、マーク・ウォールバーグ

配給:KADOKAWA
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

公開 2018年5月25日 TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
公式サイト http://getty-ransom.jp

 

 

RanRun Social

RanRunのソーシャルネットワークは、スポーツ女子インタビュー、大会取材やイベント風景、告知などの情報をリアルタイムでお届けします。