TOPへ
6月10日~6月19日 千穐楽公演 ライブ配信 !

石丸さち子作・演出 S-IST Stage「ひりひりとひとり」

ひりひりとひとり 鈴木勝吾と百名ヒロキ
2022/06/11

 

演劇と役者の“未来”
東映がプロデュースするS-IST Stage(エスイストステージ)「ひりひりとひとり」が2022年6月10日、東京・よみうり大手町ホールで開幕した。
S-IST Stageは、ミュージカル「Color of Life」(作・演出)、舞台「BACKBEAT」(翻訳・演出)、舞台「キオスク」(演出)、「マタ・ハリ」(翻訳・演出)、ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』(演出)等の石丸さち子が作・演出する舞台演劇作品を東映プロデュースにて実施する企画。

石丸さち子による完全オリジナルの脚本と、音楽家・森大輔の生演奏による「ひりひりとひとり」は、緊急事態宣言を受けて2020年の公演が中止になり、約 2 年の月日を経て初日を迎えた。

石丸さち子が「演劇だから出来ること」を改めて自分に問い質して生み出した俳優“春男”にまつわる物語。
そして、石丸さち子とともに、「S-IST Stage」が新たに生み出すのは、演劇と役者の“未来”。
求め合う心、剥き出しの人間感情、その先の静謐さの中に生まれる新たな演劇作品だ。

ひりひりとひとり ポスター

ストーリー

ひとりの俳優をめぐる物語。
ひとは向き合う、自分に、他人に、世界に。
ひとは向き合う、過去に、未来に、今に。
たくさんのひとりが、ひりひりと今日を重ねていく。
世界はまだ見ぬ明日へ。

工藤春男は、父の家庭内暴力、それを苦に家族を捨てる母といった、愛情に恵まれない家庭に育った。
思春期には、烈しい統合失調の症状とともに暮らしていたが、家を出ること、詩を書くこと、演劇と出会うことで、心は落ち着きを見せ、持ち前の表現力や独創性が評価されはじめていた。
所属する劇団の公演、チェーホフの「かもめ」でトレープレフをキャスティングされた春男は、
いつものように稽古をし、いつものように仲間と時を過ごしていたが、実家で父が孤独死したという報せがはいる。

父という、自分の記憶からすでに消していた深い憎悪の対象の死を、どうして受け容れればよいかわからない春男。
心はどんどん過去に遡り、思春期に自分で生み出した珍妙な別人格二人が現れる。
耳の中に始終聞こえていた雑音はボリュームを増し、やがて新たな幻覚まで登場して……。
春男が突然稽古を休んだ日、恋人でもある伊達夏子は、心落ち着かぬまま稽古場にいた。
W キャストでトレープレフをキャスティングされた親友の玉木賢は、芝居の最中に突然、台詞がしゃべれなくなり、夏子の胸に生まれた「ざわざわ」は止まらない。
東京に戻ってきた「ちりちり」した春男と、なんとかつながろうとする夏子と賢。
春男はやがて、二人とともに、生まれ育った街に向け「ひりひり」した旅に出る。
どこか遠いところで幻聴のように鳴り続ける音楽とともに。
それは三人それぞれが、自分と向き合う旅でもあった……。
六人の俳優と一人の音楽家が絡み合い、ひりひりとした物語を軽妙な笑いと、軽やかな身体、豊かな音楽とともに語っていく。

 

配役/キャスト

工藤春男
鈴木勝吾
伊達夏子 周本絵梨香
玉木賢 百名ヒロキ
ぴーちゃん 梅津瑞樹
西郷さん 塚本幸男
りぼん 牧浦乙葵
鉱石ラジオの音楽家 森大輔

 

作品の見どころ―石丸さち子さん

「ひりひりとひとり」は、傷ついた心と心が出会って、勇気を持ってつながりながら、支えあいながら、絶望を超えて、生きる喜びや輝きを見つけていく物語。
そして、生きにくい時代でも、悲しみ多い時代でも、作品を創りお客様に届けることを喜びにする人たちの物語。
鈴木勝吾さん演じる主人公“工藤春男”は、とても辛い過去を持つ役ですが、彼が演じるからこそ、辛さよりも、見つける希望が際立ってくる。
彼の、演劇への、出会う仲間への、観客への愛情が生む光を、丸ごと受け取ってほしい。
梅津瑞樹さんはクールビューティーの佇まいの内に、飛びきり熱い演劇愛を持っているホットな人。その愛が、演劇的センスに昇華しています。
百名ヒロキさんは今回、純粋過ぎるほどに純粋な役を、痛いほど純粋に演じていて、彼の中に、揺れ動く俳優の日常を感じて頂けると思います。
周本絵梨香さんは、硬質な心を大きく揺らしながら、勇気のある強い女性、強いからこそ無理をして生き、壊れやすい女性を表現してくれています。
塚本幸男さんは、年齢を重ねた男の持つ経験の重みや、父性の持つ残酷さなどを感じさせて、とても魅力的です。
そして、残念ながら降板された伊藤純奈さんから役を引き継いでくれた牧浦乙葵さんは、10 代の少女のまっすぐな瞳で世界の美醜すべてを受け止める、難しい役を短い期間で実現してくれました。
森大輔さんの生演奏は、この作品の心です。
彼が主人公の耳の中に届け続ける音楽の光は、きっとお客様にも大切な光になるはず。
俳優と音楽家がお客様に届けるラストソングが素晴らしいのです。

ひりひりとひとりの一場面

工藤春男 役 鈴木勝吾さんメッセージ
この時代に、しんどい事も沢山あると思います。その事は何も変えられないけど、それでも懸命に生きている光を客席で見届けて欲しい。
もし何かにつまずくことがあるなら、一人だと思わないで。
一人は変わらないけど、どこかで、こうやってずっと繋がっていけると思う。
少なくとも僕はなんとか演劇で皆様に光をみせたい。
是非是非劇場でお待ちしております。

ぴーちゃん役 梅津瑞樹さんメッセージ
ままならないことの多い現実を生きています。
でも、どんなに辛いことがあっても、明日が来る以上僕達は生きていかねばならず、また明日が来るということはそこに赦しを求めて然るべき。
明日にはなくても、また明日、また次の明日へとさすらい続ける中で、いつしか本当に生きやすくなるかもしれない。
この作品が、どこかの誰かの心を少しでも楽に出来れば。

ひりひりとひとり ゲネプロから

りぼん 役 牧浦乙葵さんメッセージ
物語の中でハルオと音楽家を結ぶ、りぼん。
りぼんの存在がこのひりひりとひとりという作品と観劇してくれる皆さんを結ぶ小さな欠片としていれるように。ただ繋ぐ。
観てくれた人が、少しでもあったかくなってくれると嬉しいです。
劇場でお待ちしています。

玉木賢役 百名ヒロキさんメッセージ
2 年前に上演が叶わなかった出演者、観劇が叶わなかったお客さま、そして今回出演が叶わなかった出演者もいます。
自分が出来る事は、全ての思いを背負い、ご来場くださるお客さまお一人お一人とこの作品を共有出来る奇跡に感謝しながら進む事です。
真ん中に春男が居る「ひりひりとひとり」という世界、ひりひりしてます。
是非劇場で体感して下さい!

ひりひりとひとり 鈴木勝吾と周本絵梨香

伊達夏子役 周本絵梨香さんメッセージ
皆さまに観て頂いて初めて、この作品がどこに導かれるのか、わかるような気がしています。
私たちはひとつの方向性に向かって進んでいますが、観客の皆様が最後のピースです。
一人でも多くの方に劇場で観て頂けると嬉しいです。

西郷さん役 塚本幸男さんメッセージ
コロナ禍の中、劇場に足を運んでいただくだけでも、本当、感謝いたします。
まずそれが一番です。ありがとうございます。
そして出演者・スタッフ全員で作り上げたこの作品をどうか楽しんでいただけたらと心より願います。
ぜひ楽しんでくださいね!

鉱石ラジオの音楽家 役 音楽・演奏 森大輔さんメッセージ
工藤春男という人物を、音楽を通してより深く感じていただけたら幸いです。
彼の心情のみならず、そのときどきの空気の「匂い」のようなものをお届けできればと思っています。

ひりひりとひとり 森大輔

<開催概要>

タイトル: S-IST Stage「ひりひりとひとり」
作・演出 :石丸さち子
音楽・演奏: 森大輔
出演 :鈴木勝吾 梅津瑞樹 牧浦乙葵 百名ヒロキ 周本絵梨香 塚本幸男

会場・日程 2022年6月10日(金)~6月19日(日)
東京:よみうり大手町ホール

6 月 10 日(金)  18:30
       11 日(土) 13:00 / 17:30
       12 日(日) 13:00
       13 日(月) 18:30★
       14 日(火)  14:00★
       15 日(水) 14:00★ / 18:30★
       16 日(木) 14:00★
       17 日(金) 18:30★
       18 日(土) 13:00 / 17:30
       19 日(日)  12:30 / 17:00

※開場は開演 30 分前より
★アフタートークイベント開催
【アフタートークイベント】
6 月 13 日(月)18:30 出演:鈴木勝吾 周本絵梨香 石丸さち子
6 月 14 日(火)14:00 出演:鈴木勝吾 梅津瑞樹 塚本幸男
6 月 15 日(水)14:00 出演:鈴木勝吾 牧浦乙葵 森大輔 石丸さち子
6 月 15 日(水)18:30 出演:鈴木勝吾 百名ヒロキ 周本絵梨香 石丸さち子
6 月 16 日(木)14:00 出演:梅津瑞樹 百名ヒロキ 塚本幸男 石丸さち子
6 月 17 日(金)18:30 出演:鈴木勝吾 梅津瑞樹 牧浦乙葵

チケット <全席指定> 8,800 円(税込) ※未就学児入場不可
チケット販売 チケット好評発売中
e+ (イープラス)

・ローチケ (L コード:36335)

チケットぴあ

※PC/スマートフォン共通

<ライブ配信>
配信サービス: Streaming + PIA LIVE STREAM
視聴チケット:4,400 円(税込)
ライブ配信公演回:
■6 月 19 日(日)12:30
(アーカイブ視聴:6 月 26 日(日)23:59 まで 販売期間:6 月 26 日(日)21:00)
■6 月 19 日(日)17:00
(アーカイブ視聴:6 月 26 日(日)23:59 まで 販売期間:6 月 26 日(日)21:00)
※ライブ配信後に再配信処理を行いますのでご覧いただけない時間がございます。
※視聴チケット 1 枚につき閲覧いただける端末は 1 台となります。(1 アカウント 1 ビュー)
※途中から視聴した場合はその時点からのライブ配信となり、巻き戻しての再生はできません
※視聴方法:配信サービスによって異なります。各配信サービスからのご連絡・注意事項を了承の上、ご視聴ください。
※端末の仕様もしくはインストールされているアプリ/ソフトウエアとの兼合い等によりご視聴いただけない場合がございます。 固有の原因に対しては、解決できかねる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※通信環境が良い状態でご確認ください。お客様のインターネット環境に伴う閲覧の不具合に関して責任を負いかねます。
※第三者への譲渡・転売はできません。
※本ライブ配信の、視聴権限の譲渡・転売により発生したトラブルについては、当事者間のみで解決していただき、これについて主催者は一切の責任を負いません。
※チケットご購入後は、公演延期・中止以外の理由に伴う払い戻しはできません。
※内容・出演者が都合により出演キャンセル・変更になる場合がございます。
※本ライブ配信の映像を撮影・録音・録画および宣伝行為などの商用利用、私的使用は一切禁止です。マナーを守ってお楽しみください。

 

公演特設HP

写真提供 東映

RanRun Social

RanRunのソーシャルネットワークは、スポーツ女子インタビュー、大会取材やイベント風景、告知などの情報をリアルタイムでお届けします。