TOPへ
ニチバン×RanRun セルフテーピング

スポーツ女子のための「セルフテーピング」

テーピングを使ってみよう、正しい応急処置
2018/12/11

WebマガジンRanRunの中で最も読まれているのが、セルフテーピングに関する記事です。
皆さんのところに取材に行くと、自分でテーピングしていたり、マネージャーさんがテーピングしている風景をよく目にします。

テーピングは、正しい巻き方をしないとかえってケガをしやすくしてしまいます。
ケガ予防、疲れ予防のために正しいセルフテーピングを覚えて、最高のパフォーマンスができるよう備えたいですね。

 

0

RanRun Social

RanRunのソーシャルネットワークは、スポーツ女子インタビュー、大会取材やイベント風景、告知などの情報をリアルタイムでお届けします。