TOPへ

2016年世界発信コンペティション 女性活躍推進知事特別賞は3社

2016年世界発信コンペティション 女性活躍推進知事特別賞は3社
Topics! 2016/11/04

「ダイバーシティの実現、そして女性の力を活かして欲しい」
第19回中小企業による国内最大級のトレードショー「産業交流展2016」が10月31日~11月2日、東京ビッグサイトで開催され、その中で、東京2020大会等を契機として開発された革新的で将来性のある製品・技術、サービスを表彰する「世界発信コンペティション」表彰式が行われました。受賞した製品・技術(ベンチャー技術)部門14企業、サービス部門10企業のうち、女性が経営や開発のリーダーとして携わった企業が、女性活躍推進知事特別賞を受賞しました。
また、スポーツ産業をリードする「スポーツ産業見本市」が新たに開催され、小池都知事が視察しました。

 

女性活躍推進知事特別賞を受賞したのは、東京都ベンチャー技術特別賞の株式会社ミューテクノ、東京都革新的サービス優秀賞の株式会社マイス、和テンション株式会社の3社。

 

BLOSSO

 

株式会社ミューテクノは試作板金からスタートした企業で、精密板金加工の優れた技術を持っています。その技術と女性スタッフの感性が融合し、薄板ステンレスを素材とした、美しいバラのブローチ「BLOSSO」が誕生しました。

 

バラの花びらの美しい

 

バラの花びらの美しい形が見事に再現されています。これがステンレス素材でできているというのが、不思議な気がしました。

 

女性ならではのアイデア

 

カラーバリエーションも多彩で、どの色も素敵です。この塗装技術も日本が誇る技術ですね。さらに、女性ならではのアイデアが詰まっています。

 

マグネットで装着するようになっている

 

マグネットで装着するようになっているので、衣服の生地を傷める心配がいりません。また、衣服だけでなくバッグや帽子に着けたり、お部屋のインテリアとしても活用できるそうです。さらに、パフュームコットンを内蔵しているので、好みの香りを楽しむことができます。見るだけでなく、香りも楽しむことができて、活用法も多様。日本の優れた技術と女性ならではのアイデアによって、新しい展開が生まれる。素敵な事例ですね。

 

株式会社マイス

 

株式会社マイスは多言語医療会話サポートの媒体を開発してきた企業で、経営者は女性です。海外で体調不良になった時に、自分の症状を現地の人にどう説明したらいいか、不安がありますよね。
病気やケガに関する表現や、病院の受付での会話事例、医師に自分の病歴を伝えるシートなどを掲載した冊子「Dr.PASSPORT」を展開してきました。そして、「Dr.PASSPORT」のアプリを開発し、今回の受賞となりました。

 

Dr.PASSPORT

 

日本語、英語、簡体中国語、韓国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、タイ語、インドネシア語、ロシア語、ベトナム語、マレー語の13言語に相互対応しているそうです。
自分の主言語でデータを保存し、滞在先の言語に翻訳して表示することができます。海外に行く時はもちろんですが、海外から日本に来られた方が体調を崩した時の対応に、大いに役立つ機能です。日本の「おもてなし」が技術として開発されている事例です。

 

和テンション株式会社

 

和テンション株式会社は、世界各国で日本・東京の魅力を発信するフリーマガジン「WA ttention Tokyo」を発行する企業です。日本だけでなく、各国に編集拠点を置き、現地メディアとして外国人目線で日本・東京を紹介する企画・制作をされています。世界11か国・地域で年間195万部の配布実績があるそうです。

 

topics-161104-08-min

topics-161104-09-min

 

今回、表彰のポイントとなった女性の活躍イメージができましたか?

 

今や日本では女性リーダーの代表格となった小池百合子東京都知事ですが、「伝える力」プレゼンスキルの高さをあらためて感じました。一般社会人に政治家のような話し方は必要ありませんが、多くの人の前で話す時の「間合い」や「目線の配り方」などは、就活やこれからのビジネスシーンに活用できるので、直接、お話を聞くチャンスがあれば行ってみるとよいと思います。

 

スポーツ産業見本市

 

今回から新設された「スポーツ産業見本市」は、スポーツ産業をリードする企業の先進的な技術や製品を紹介するゾーンでした。ウェアラブル端末等のスポーツに関するICT関連分野や障害者スポーツ、高機能ウエアなどの注目分野が集まっていました。

 

topics-161104-11-min

 

視察された小池東京都知事は、リオパラリンピックではドイツ製の車イスが多くみられたという話に触れ、2020年の東京大会では日本の優れた技術力が活かされることへの期待と成長戦略について語っていました。

 

小池百合子東京都知事

 

スポーツ産業見本市では、東京都のアスリートキャリアサポート事業やアスリートのための美容サポート企業などを取材しましたので、あらためてRanRunの中でご紹介したいと思います。お楽しみに!

 

RanRun Social

RanRunのソーシャルネットワークは、スポーツ女子インタビュー、大会取材やイベント風景、告知などの情報をリアルタイムでお届けします。