TOPへ

「頑張ることを諦めるな」 映画『ReLIFEリライフ』初日舞台挨拶イベント

Topics! 2017/04/15

「リライフ!」「最高!」
本日4月15日より公開の映画『ReLIFEリライフ』の初日舞台挨拶イベントに、主要キャストの中川大志・平祐奈・千葉雄大・高杉真宙・池田エライザ・岡崎紗絵とメガホンを取った古澤健監獄が登壇、大盛り上がりとなりました。

 

初日を祝しSNSでキャストへの質問を募集、選ばれた質問に対して答えたキャストの言葉をご紹介します。

本作では心に響くメッセージがたくさん出てきますが、映画のセリフの中で一番自分に響いた言葉とは?

中川大志さん

 

 中川大志さんは、狩生(池田エライザ)との保健室のシーンの『頑張ることを諦めるな』というセリフをあげ、「狩生に向けて言っているけど、僕自身に言っているような気持ちがして刺さりました」と回答。

池田エライザさんも、「最初、台本をいただいた時ですが、保健室のシーンの『頑張っても頑張っても結果がないと意味がない』というセリフをみて大事な言葉だなと感じ、印象に残っています」と話していました。さらに、「あの時の現場、とても良かったですね。すごく、かっこよかったです。濃く残ってます」と、撮影現場を思い浮かべ微笑んでいました。

 

平祐奈さん

平祐奈さんは、海崎(中川大志)と二人きりになったバス停のシーン『みんなと出会えてよかった』というセリフを選び、「実際撮影も後半で、私自身もキャストのみなさんと出会えてよかったなと思ったので、心に響きました」と答えながら、うるうるとした表情を浮かべていました。

 

高杉真宙さん

高杉真宙さんは「みんな、すごくキラキラしていて、なんだか浄化している気持ちになりました」と撮影現場を懐かしんでいました。心に響いたセリフは、海崎が夜明(千葉雄大)に言っていた『みんなと一緒に大人になりたかったな』を選び、「(その姿をみていて)泣きたくなりました」と照れながら答えました。

千葉雄大さんは国宝級イケメンと中川さんを褒めながら、海崎がずっと言っていた『今を大切に』というセリフをあげました。

岡崎紗絵さんは「海崎が『お前ら、本当に最高だった』と言うシーンでジーンときました。最後という寂しい気持ちが芽生えてあったかいシーンになっているし、泣きました」と最後の卒業シーンをあげました。

 

古澤監督が「個人的には、みなさんが言っていた感動とはちょっと違いますが、食堂で海崎と夜明のシーンで、『このドS』と千葉くんが舌をペロッとした場面で萌えました」と笑うと、会場からは「キャーッ」という声があがり、「自分の魅力、わかっているのかな?と思いました」という監督の言葉に、周りのキャストが「千葉テクニック!」と千葉さんをいじっていました。

 

 

もし誰かと入れ替わるなら、どの役になりたいか?

”夜明役”が終始客観的にみている立場ということで、中川さん、高杉さん、岡崎さんが挙手!

平さんは「海崎。私が演じた日代とは対照的な人で、明るく世話好きで、みんなを引っ張っていく役だったので、そういう役やってみたいです」と憧れの気持ちを伝えました。

池田エライザさん

池田さんは「役とは離れているけど、監督になりたい。みんなが成長していく様を撮ることは、楽しそう」と告白。

それを受けて、古澤監督は「一緒に現場ではしゃいでいた甲斐がありますね」とにこり。

 

千葉さんが「高校時代、おとなしい感じでいたので、大神みたいに、弾けて人が付いてくる感じの役をやってみたいです」と答えると、その姿をみて照れる高杉さんへのキャストのいじりコメントで会場はヒートアップしました。

 

 

「今だから言える秘密」とは?

千葉雄大さん

 

千葉さんが「山の上での撮影でしたが、トイレをすごく我慢していたシーンがありました。車を降りないという状況だったので…(笑)僕と海崎のシーンでしたが、すごく我慢しているのに(中川が)お腹を押してきましたね…」という衝撃な告白。

すると「戦っていた千葉さんが面白くてつい…」と満面の笑顔で中川さん。

 

また、平さんが「内緒ですが、中川くんは、歯磨きに10分かかるらしいです!」とポロッ。

中川さんが「歯を磨くことで1日が始まるし、集中力も高まるので…」と照れながら話すと、「だからか、中川くんの歯、キレイですよね!」とフォローしていました。

 

池田さんが「高杉くんとはふたりとも人見知りで、共演作が続いたのに前の現場でも本当に喋れなくて…」と二人の関係を明かし、「でも、リライフでは話かける勇気を出して、無事、仲良くやっていた…はず?」と高杉さんにふると、「そうです」と高杉さんは照れながら頷きました。

岡崎紗絵さん

岡崎さんからは、「後半、修学旅行で丘からみんなで走るシーンがありましたが、ちょっとだけ千葉さんを叩いたつもりが、スクリーンで改めてみると、(千葉さんが)端から端まで飛んでいました…すみません!」と謝罪。それに対し「カットせずにそのまま映し出してましたね」と監督の顔をちょろっとみる千葉さん。

 

イベントのクライマックスで中川さんにサプライズメッセージ!

 

「中身が27歳のニートで、見た目は17歳の高校生」という難しい役どころを見事に演じきった主演の中川さんに、キャスト、スタッフを代表して監督よりサプライズでメッセージが!!

台本があがって27歳のニート姿を一緒に研究していた現場のお話や、ほかのキャストと監督がどういう付き合いをしていくか、関係を縮めるためのキーパーソンであったこと、そして、高杉さんと一緒だった最後のクランクアップ現場を振り返り、「中川くん、ありがとう!また、いつか、映画作ろうな!大志!」と感謝の言葉を投げかけました。

 

中川さんは、大きな深呼吸を何度もしながら「監督はこういうキャラではないので…なんか、恥ずかしいです…」と、涙を我慢しながらウルウルとしていました。

 

最後は、キャストの「リライフ!」という掛け声に会場の観客が「最高!」と叫び、大盛り上がりのイベントは終了しました。

 

■タイトル: 『ReLIFE リライフ』

■原作: 夜宵草 著「ReLIFE」(comicoにて連載中)

■監督: 古澤 健

■脚本: 阿相クミコ

■出演: 中川大志 平祐奈 高杉真宙 池田エライザ 岡崎紗絵

千葉雄大 市川実日子

■音楽:林祐介

■主題歌:井上苑子「メッセージ」(ユニバーサルミュージック/EMI Records)

■企画: カルチュア・エンタテインメント

■配給: 松竹

©2017「ReLIFE」製作委員会 ©夜宵草/comico

 

RanRun Social

RanRunのソーシャルネットワークは、スポーツ女子インタビュー、大会取材やイベント風景、告知などの情報をリアルタイムでお届けします。