TOPへ

セルフテーピングでひざ・手首のサポート、指の保護

セルフテーピングでひざ・手首のサポート、指の保護
ヘルスケア 2016/03/21

スポーツにケガはつきもの。ケガをしてしまったとき、あるいはケガを予防するために、スポーツ女子の心強い味方になってくれるのがテーピングです。今回はテーピングでおなじみ、ニチバン株式会社さんの協力のもと、アスレティックトレーナーの對馬正浩(つしま・まさひろ)さんに、RanRun読者へ向けて講習会をして頂きました。今回のテーマは「ひざのサポート」「手首のサポート」「指の保護や突き指」です。自分で簡単にできるテーピング方法をお届けします。

 

<セルフテーピング>ひざのサポート

使用するもの:セラポアテープFX50mm(男性)/38mm(女性)

 

【テーピングの方法】
1)イスに座って軽くひざを曲げた状態で始めます。

2)ひざ下内側から、ひざの後ろを通り、ひざ上にかけます。

healthcare_physicalcare_201603-01-min

 

3)そのまま、ひざの後ろを通り、ひざ下でクロスするように、軽く引っ張って貼ります。

healthcare_physicalcare_201603-02-min

healthcare_physicalcare_201603-03-min

 

【ポイント】

healthcare_physicalcare_201603-04-min

・ひざのお皿の上下の端を通るように、8の字に巻く。

 

healthcare_physicalcare_201603-05-min

・かぶれ防止の為、テープの最初と最後は1cmほど浮かせておき、最後に抑える。

 

【對馬トレーナーからのアドバイス】
ひざの状態が不安なときや、ひざをひねる動きを抑えたいときのテーピングです。とくにテーピングを巻くときのポイントは、ひざのお皿に引っ掛けないこと。お皿にかけると、膝の動きが制限されて他の部位を痛めることにも繋がる場合があるので、気をつけましょう。

 

 

<セルフテーピング>手首のサポート

使用するもの:セラポアテープFX25mm

 

【テーピングの方法】
1)手をパーの形に開いた状態で始めます。

healthcare_physicalcare_201603-06-min

 

2)手首を2~3周ずらしながら、指先にしびれが出ないように、軽く引っ張って貼ります。(症状に合わせて、強さを調節してください)

healthcare_physicalcare_201603-07-min

 

【ポイント】

healthcare_physicalcare_201603-08-min

healthcare_physicalcare_201603-09-min

・指を動かしやすいように、手を開いた状態で巻く。
・テープを切る際は、端をつまみながら裂くように切る。
・かぶれ防止の為、テープの最初と最後は1cmほど浮かせておき、最後に抑える。

 

【對馬トレーナーからのアドバイス】
手首のケガでよくあるのが、転んで手を突いて痛めるケースです。料理をする人などは、重たいフライパンを長時間持つことで、腱鞘炎になることもあります。そんなときに、手首にテーピングを巻くと、関節の動きが制限され楽になる場合があります。手首を曲げるとしわができますが、そこを中心に動きを制限するようなイメージで巻きましょう。

 

 

<セルフテーピング>指の保護や突き指

使用するもの:セラポアテープFX25mm

 

【テーピングの方法】
1)指を伸ばした状態で始めます。

healthcare_physicalcare_201603-10-min

 

2)1本目は指の付け根から指先を通り、反対側の付け根まで、軽く引っ張りながら貼ります。

healthcare_physicalcare_201603-11-min

 

3)2本目は始めに指先を一周し、付け根に向かって巻いていきます。この時、テープが半分ずつ重なるように巻きます。

healthcare_physicalcare_201603-12-min

 

4)指の付け根の関節まで、しっかり巻いたら完成です。

healthcare_physicalcare_201603-13-min

 

【ポイント】

healthcare_physicalcare_201603-14-min

・指を伸ばした状態で巻く。
・テープを切る際は、端をつまみながら裂くように切る。
・かぶれ防止の為、テープの最初と最後は1cmほど浮かせておき、最後に抑える。

 

【對馬トレーナーからのアドバイス】
スポーツをしていると、突き指をしてしまうことはよくありますよね。テーピングをするときは、指を伸ばした状態で始めて、指の付け根の関節まで引っ張って貼ります。強く巻くと血が止まってしまうので、貼るときの強さは調節しましょう。ラグビーの選手は突き指の予防や、滑り止めとして巻くこともあります。突き指は「靭帯損傷」なので、受傷したときは決して動かさず、テーピングを巻いて患部を固定することが大切です。

以上で、全3回に渡ってお届けしたテーピング講座は終了です。

 

講習会に参加した学生からは、
「教えてもらったテーピングは、参考になるものばかりでした。応急処置の仕方など、知らないことも多かったので勉強になりました」
「テーピングは時間のかかるやり方しか知らなかったのですが、自分でできる方法を知ったので、簡単にできるなと思いました。早速やってみたいです」
といった感想を聞くことができました。

healthcare_physicalcare_201603-15-min

 

ケガの予防と処置の仕方など、正しい知識を身につけ、常に良いコンディションでプレーができるようにがんばってください!

 

ライター 鈴木智之

RanRunでは、スポーツ女子を対象としたミニセミナーを開催していきます。
ご要望をお聞かせください!

healthcare_physicalcare_201603-16-min

 

<参考>
スポーツテーピング講座

スポーツテーピング講座

 

<講師紹介>

對馬正浩(つしま・まさひろ)

對馬正浩(つしま・まさひろ)
東京リゾート&スポーツ専門学校卒、日本鍼灸理療専門学校卒
小森鍼灸接骨院、日本トレーナー協会小守スポーツマッサージ療院。
現在、スポーツマッサージ・ナズー
ニチバン株式会社テーピングセミナー講師・アスレティックトレーナー
並木磨去光氏の下で活躍中。 日本体育協会公認アスレティックトレーナー取得、
あん摩・マッサージ・指圧師、はり師・きゅう師取得。
活動暦  社会人ラグビー部 アシスタントトレーナー、 高校サッカー部 トレーナー、
専門学校非常勤講師
モチベーションを上げる曲 Mr.Children/ エソラ

 

<ライター紹介>
鈴木智之(すずきともゆき)
サッカーを中心に取材をするスポーツライター。
Webサイト「フットボールエッジ」(www.footballedge.jp)編集長
著書に「青春サッカー小説 蹴夢」(講談社)「サッカー少年がみるみる育つ」(出版芸術社)など。
モチベーションを上げる曲:Pitbull ft. Cristina Aguilera/ Feel This Moment