• 月. 5月 27th, 2024
ウールインナー画像

リカバリーウエアブランド「リフランス」新商品発表会

コロナ禍になって、体調の変化を感じてはいませんか?

リモートワークやオンライン授業など生活スタイルの変化に伴い、疲れが取れない、眠りが浅くなったと感じている方も少なくありません。
血行を促進し、疲労を回復するリカバリーウエア「リフランス」の新商品発表会が開催されました。

婦人服の縫製大手、小島衣料(岐阜県岐阜市)の子会社、(株)HLコーポレーション(東京都中央区)が、リカバリーウエアのブランド「リフランス」から、環境に配慮したパジャマやインナー(肌着)など、“エシカルな疲労回復ウエア”をメーンに、パジャマ(2種)と初の肌着(1種)、小物としてソックス(2種)の5アイテムを秋冬向けに新発売します。
いずれも一般医療機器で、生地や繊維にコーディングしている鉱石が血流を促し、着るだけで疲労軽減や安眠へと導きます。

パジャマ型リカバリーウエア

疲労回復や安眠を促すリカバリーウエア「リフランス」を展開するHL コーポレーション。
発表会に登壇した代表取締役の石黒崇氏は、天然素材の「プラウシオン」を使用した生地素材との出会いについて、血流測定によりその効果を目の当たりにした経験を紹介しました。
素材の発見をきっかけに、Tシャツやインナー型のリカバリーウエアが多い中、リフランスではパジャマ型のリカバリーウエアを開発しています。

着るだけで元気になれる天然素材「プラウシオン®」
「プラウシオン®」とはシリカやトルマリンなど数種類の天然鉱石の混合体で、発する遠赤外線は、自律神経の中でも特に、リラックス状態に働く副交感神経に作用します。
リフランスのウエアには、染色過程で「プラウシオン®」が天然繊維にコーティングされているので、着るだけで筋肉の緊張をほぐし、血流を促し、疲労回復や安眠へと導かれます。
リフランス着用時の血流の変化は、通常時の約 7 倍に上ったという検証結果も出ており、利用者からは、「入眠がスムーズになった」「肩の凝りが緩和された」「体が冷えなくなった」といった声が寄せられています。

 秋冬 5つの新商品
新作のウエア(パジャマ2、肌着1)は、染色工程で水の使用量を削減した綿や、廃棄される落ち綿などを再利用した綿、生分解性を備えた「メリノウール」、農薬や化学肥料を使わずに生産するオーガニックコットンなどを使用。

2種類の“リカバリー・ソックス(靴下)”は、足先の冷え対策やふくらはぎのむくみ軽減アイテムとしてオススメです。

■エシカルな「やわらか 3重ガーゼパジャマ」
「やわらか3重ガーゼパジャマ」(上下セット、レディース 税込26,400円、メンズ同27,500円)は、生地から染める従来の染色方法ではなく、糸から染める“糸染め”に変えることで水の使用量を削減した“エシカルパジャマ”。

環境省の調査※によると、服1着の生産に使う水の使用量は2,368リットル(浴槽約11杯分)となっていますが、本商品は、水の使用量を染色過程で削減しています。
生地は、肌触りをやわらかくする加工を施し、ふわっとした質感は、肌離れが良く快適。
パジャマに肌触りの良さを求める人にオススメです。

デザインは、就寝中の冷えを予防する“リカバリー設計”を採用。
背中の肩周りの生地を2倍にすることで、就寝中の肩や背中の冷えを防ぎます。
また、袖に約5.5センチ分、裾に約7.5センチ分の幅を調整できるアジャスターボタンを付け、寝返りを打っても捲くれ上がらないように配慮しています。
綿は、繊維の中心部が空洞になっており、空気を含むので、熱が放出されにくい特徴を持っています。
体温を外に逃がさないので、冬でも快適に着用できます。
カラーは、レディースがワイン、メンズがネイビーで、ともにストライプ柄。
発売は2022年9月15日(木)です。

伸縮性と吸水性を兼ね備えたストレスフリーな「Eco コットン裏毛パジャマ」

「ecoコットン裏毛パジャマ」(上下セット、レディース税込29,700円、メンズ同30,800円)は、廃棄される落ち綿や不揃いの糸を再利用した「リサイクル綿」と、農薬や化学肥料を使わずに生産する綿花「オーガニックコットン」を使用した綿100%のパジャマ。
オーガニックコットンは、農薬を使用しないので水質汚染等を防ぐ点でもサステナブルな素材として評価されています。

生地は、環境配慮素材(50%/リサイクル綿25%+オーガニックコットン25%)と一般的な綿(50%)を組み合わせます。
伸縮性のあるジャージ素材の生地は、長時間ストレスフリーで着ることができます。
また、肌に当たる裏側はパイル地なので、汗をしっかりと吸収し、体が冷えるのを防ぎます。
パジャマにストレッチ性の高さを求める人にオススメです。
就寝中の保温効果を保つため首元をスタンドカラーにしているほか、手首・足首は捲くれ上がり防止のため袖と裾をすぼませたデザインにし、寒い冬でも質の良い睡眠を提供。
カラーは、レディースがアプリコット、メンズが落ち着いた色合いのシエルブルー。
発売は2022年10月14日(金)。

 「洗えるウールインナー」

「洗えるウールインナー」(レディースのみ、税込13,200円)は、高品質の「メリノウール」を100%使用した日々の疲れ軽減をサポートする“リカバリー肌着”。
パジャマの下着としてはもちろん、普段着の下に日常的に着用するのもオススメです。
ウールは、海洋中でも陸上でも微生物により生分解が可能なので、環境負荷の少ない自然と共存する素材として知られています。

調温・調湿効果に優れているため、秋から冬にかけて暖かく着ることができるほか、綿の約2倍に及ぶ吸湿性と放湿性を持っているので、肌着に最適です。
蒸れを軽減し、寝ている間も清潔な状態を保ちます。
脇から腹にかけてと腕の内側は、赤ちゃんの肌着にも使われている、縫い目の凹凸を抑えた“フラットシーマ縫製”で、横向きに寝ても縫い目がフラットなのでストレスがありません。
また、袖口の縫製を外側に折り返すことで、着用時の手首部分の不快感をなくしています。
カラーは、優しいアイボリー。
発売は2022年10月31日(月)。

ふくらはぎのむくみ軽減や足先の冷えをカバー「ふんわりナイトソックス」と「ふんわりルームソックス」

 肌に触れる面はすべて綿100%を使用し、ナイロンの芯に面を巻き付けることでふくらみを持たせた優しい肌触りが特徴。
「ふんわりナイトソックス」(税込5,500円)は快眠コミュニティ内での声をもとに開発された、膝下から足の甲までを覆う、オープントゥソックス。
足の線に沿った、伸縮性のある「リブ編み」にすることで、適度な“ゆるフィット感”を保ちながら、就寝中にずり落ちないようにしています。

また寝ている間に、ふくらはぎのむくみを軽減します。
「ふんわりルームソックス」(税込4,950円)は、くるぶしから足先までを覆う一般的なソックス形状。
 靴下の内側の生地をタオルのような「パイル編み」にすることで、ふんわりとやわらかい肌触りに仕上げています。
編み目にたくさんの空気層ができるので、体内の熱の放出と外気の進入を抑える効果があり、生地の間にあたたかい空気を閉じ込めるので、保温性が高まり、温かさを維持します。さらに吸湿性にも優れているため、冬の足の蒸れを防ぎ、さらっとした履き心地をキープ。
血流を促す生地の機能性に加え、生地の編み方にもこだわることで、足先の冷えをサポートします。
ソックス2種を組み合わせると、ロングソックスとしても履くことができ、シーンに応じて、履き方を変えるのもオススメです。

編集部コメント

「ふんわりルームソックス」を使用してみました。
 想像していた以上にタオル生地が柔らかく、足にやさしくフィットするのを感じました。 半日ほど着用してみましたが、履いていることを忘れてしまうほどで、通常の靴下のように 足に跡がつくことや圧迫感を感じることもありませんでした。
これからの季節は特に足先の冷えがつらい時期なので、指先まで温まる商品はとてもうれ しいですね。

取材 竹内幸乃(昭和女子大学 3年)