• 月. 3月 4th, 2024

約半数が夏場に“肌が乾燥している”と回答!夏の肌トラブルと対策

猛暑によって顔の皮脂やテカリ、エアコンによる乾燥の悩みが増えていると判明

猛暑が続く2023年夏。
夏の強い紫外線やエアコンの使用による肌のお悩みが増えやすい時期でもあります。
あなたは、肌トラブルのお悩みありませんか?

保湿特化のベースメイク”KANSOSAN”の販売を行う株式会社スタイリングライフ・ホールディングス BCLカンパニー(本社:東京都新宿区)が、全国20代~50代の男女1,107名を対象に「夏の肌トラブルと秋冬対策」に関する調査を実施しました。

夏場は乾燥しやすいと感じる方は半数近くいる!猛暑による肌悩みを調査 

夏場に肌が乾燥していると感じることがありますか?

『よく感じる(15.4%)』『家で感じる(18.5%)』『外で感じる(12.7%)』と回答。
夏でも半数近くが乾燥すると感じているようです。
夏場は湿度が高いため乾燥しづらいと思うかもしれませんが、夏の強い紫外線や、室内の冷房、汗の蒸発など肌の乾燥になる原因が多く隠されています
夏だからといって油断せず、乾燥の対策もしっかり行いましょう。

また、2023年8月は東京都心の1年間での猛暑日日数が過去最多を記録する他、函館では35℃を超える統計開始以来、過去151年で最も暑い1日になるなど、記録的猛暑と様々なメディアで報道されています。

では、猛暑による肌悩みや肌の変化はどのようなものがあるのでしょうか?

猛暑による肌悩みや肌の変化があれば教えて下さい。(複数回答)

『顔の皮脂やテカリが増えた(40.7%)』『毛穴の黒ずみや開きが増えた(23.3%)』と回答。

顔の皮脂やテカリを気にする方や、皮脂の分泌が原因となって毛穴の黒ずみや開きが増えたという方がいるようです。
一方、猛暑によって『エアコンで乾燥するようになった(24.7%)』『日焼けで乾燥してしまった(21.1%)』『汗で乾燥するようになった(14.3%)』と約4割の方が乾燥に悩んでいるとわかりました。

では、この猛暑による肌トラブルが原因で、スキンケアは変わったのでしょうか?

猛暑の中、スキンケアで変えたことがあれば教えて下さい。(複数回答可)

『特に変えてはいない(54.3%)』『美容液・化粧水を増やした(17.3%)』『洗顔フォームや方法を変えた(17.0%)』『保湿クリームを使う(11.8%)』『UVケアの化粧品に変えた(SPF・PAを気にする)(11.0%)』と回答。

特に変えていないという方が多いようですが、美容液や化粧品を増やした方や、洗顔フォームを変えた方がいるとわかりました。
暑さに比例して肌ダメージも大きくなると予想されるので、スキンケアを変える方も多いと考えられます。

夏は肌が乾燥しやすいと感じる方が半数おり、皮脂やテカリ、黒ずみを気にする方もいるとわかりました。

夏の肌トラブルは判明しましたが、秋冬はどのような肌トラブルが起きやすいのでしょうか?

夏の肌ダメージから秋冬にかけての肌トラブルはどんな事が多いですか?

『日焼け(乾燥)(27.4%)』『シミ・しわ(24.3%)』『ニキビ(12.4%)』『あせも(10.8%)』『たるみ(7.9%)』と回答。

夏のお悩みでもありましたが、それよりも湿度が下がる秋冬にかけて日焼けや乾燥に悩む方が目立ちます。
また、夏に蓄積された肌の疲れが秋冬になってシミやしわ、乾燥によるくすみとなって出てきてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

秋冬に向けたケアや対策

秋冬に向けたケアや対策はありますか?

『睡眠時間を長くする(30.6%)』『入浴時間を増やす(15.0%)』『エアコンを極力使わない(14.1%)』『コスメを変える(13.6%)』『食生活を変える(13.4%)』と回答。

睡眠時間や食生活、入浴など生活習慣の見直しを考える方もいるようです。
その中でもエアコンの使い方を見直す方もおり、肌トラブルに繋がりやすいと考える方が多いと推測できます。
季節や日頃使うものが原因で肌トラブルに繋がってしまうことはあります。
日々の生活はもちろん、事前の対策としてしっかりと肌のケアをしてあげることが大切です。
生活や季節の変化に敏感な“肌”のケアは定期的に見直しましょう!

【会社概要】
社名:株式会社スタイリングライフ・ホールディングス BCLカンパニー
本社:東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー27階
代表:大村 和重
WEBサイト: https://www.bcl-company.jp/
事業内容:基礎化粧品、メイクアップ化粧品、医薬部外品等の開発・製造・販売
【調査概要】「夏のトラブルと秋冬対策」に関する調査
【調査期間】2023年8月4日(金)~2023年8月7日(月)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,107名
【調査対象】20代~50代男女
【モニター提供元】Find Wow!