• 月. 6月 24th, 2024

リカバリーウエアのHLコーポレーションがB to Bビジネスをスタート

ヨガスタジオと協業、専用クロス開発、筋肉ほぐし柔軟をサポート

疲労回復を促すリカバリーウエアを販売する株式会社HLコーポレーションが、筋肉の緊張をほぐし、血流を促す自社の生地を使い、他社の製品開発をするB to Bビジネスをスタートすると発表しました。
同社オリジナルの高機能生地は、シリカやトルマリンなど数種類の天然鉱石を染色工程でコーティング(含浸)していて、鉱石が発する微弱な遠赤外線が、筋肉の緊張をほぐし、血流を促すのが特徴です。

ヨガ講師が「体が温かくなり、疲れが緩和する」と評価、導入スタジオ・クラス続々

第一弾としてヨガスタジオ「ヨガピラティススタジオ ブルー」(東京・品川区)と協業し、既存の高機能生地を加工して、ヨガマットに敷く大きなクロス(生地)と、ブランケットのように体にかける小さなクロス、枕として体を支える時に使うクッションのカバー、座った状態で開脚前屈するときなどに顔に当てるアイピローの4点を開発。

体の疲労回復を目的としたプログラムなどで、製品をヨガマットの上に敷いたり、体にかけることで、ヨガの柔軟効果を高めます。
クロスは大きいものが縦200センチ、横120センチで、小さいものが縦120センチ、横60センチです。

同スタジオの、“回復”を目的とするクラス「リストラティブヨガ」で、開発した製品を使用します。
「リストラティブヨガ」は、クッションやブロックといった補助具に体を預け、脱力状態を作ることで、体と心をリラックスさせるヨガスタイルの一種です。
特殊生地で筋肉の緊張を和らげ、ヨガの回復効果を高めます。

開発に携わった講師の榛村友宏(しんむら・ともひろ)氏は、HLコーポレーションの生地を使い、「緊張した体が温かくなり、安らぐ感覚がある。手首の痛みや目の疲れが緩和される」と評価しています。

また、「スタジオブルー」の代表で、ヨガインストラクターの髪林靖子(かみばやし・やすこ)氏も今回の製品を「生地(ブランケット)に包まれていると、優しい温かさで気持ちがリラックスして、体が軽くなる」と評価し、自身が講師を務める“寺ヨガ”「あかもんヨガ」で使います。

「あかもんヨガ」は、参加費が500円と安く、会員登録も不要なため、近隣の高齢者が多く集まるクラスです。
生地が体の柔軟性をサポートするので、初心者の参加ハードルを下げる一助になると考えています。

そのほか、他社が運営する和歌山県のヨガスタジオでも、同社生地を用いたクラスの導入について、協議を進めています。

血流を促し、疲労回復や安眠へ導く「リフランス」について

「HLコーポレーション」が展開するリカバリーウエア(疲労回復ウエア)のブランド「リフランス」は、世界でも珍しい「一般医療機器」のパジャマをいち早く(2018年1月テスト発売、2019年9月本格発売開始)世に送り出し、その商品力の高さから信頼を得ています。

展開する全ての商品は、シリカやトルマリンなど数種類の天然鉱石の混合体「プラウシオン(R)」を染色工程でコーティング(含浸)した、特殊な繊維や生地を使っているのが特長です。体温の輻射(ふくしゃ)により、鉱石が発する微弱な遠赤外線が、自律神経(交感神経と副交感神経)のなかでもリラックス状態に働く副交感神経に作用。筋肉の緊張をほぐし、血流を促し、疲労回復や安眠へと導きます。

商品は、睡眠や慢性的な疲れ軽減といった需要を捉え、発売直後の2019年末(10‐11月集計)には、ハンズ新宿店の快眠グッズ専門コーナーのパジャマ部門で売り上げ1位を獲得し評価を得ます。

この新宿店のヒットを皮切りに2020年3月以降、渋谷店、銀座店、横浜店、名古屋店、広島店など、全国11店舗のハンズへ販売先を拡大。コロナ禍での「巣ごもり消費」や「在宅勤務疲れ」という新たな需要を追い風に、2022年11月には販売枚数4万枚を突破しています。

商品は、慢性疲労のビジネスパーソンに加え、不眠や不定愁訴、肩こりなどに悩む主婦、健康志向の高い高齢者を中心に支持されています。