• 木. 6月 13th, 2024

海藻がお肌にいいってご存じですか?
冬は乾燥や栄養不足によるお肌の不調が気になりますよね。
乾燥対策に保湿力の高いアイテムを使うなど、工夫している方も多いのではないでしょうか。
もちろん外からのケアも大事ですが、肌のみずみずしさ・健やかさを保つためには内側からのケアが重要です。
食生活に気を付けるとき、ぜひ候補に入れてほしいのが「海藻」!
髪の毛をつやつやにするイメージがある海藻ですが、実は肌にも嬉しいパワーがあるんです。
美肌の味方である海藻のパワーをご紹介します。

肌が乾燥する原因のひとつは「食生活」

肌が乾燥する理由のひとつは「食生活」。
インスタント食品やファストフードばかり食べていると、栄養バランスが偏り、きれいな肌が育ちにくくなります。
そのため、健やかな肌が育つための栄養を食事からしっかり摂取する必要があります。
肌に嬉しい栄養素をもつ海藻を日ごろの食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

海藻がもつ、肌に嬉しい4つのパワー

①ビタミンC:メラニン生成抑制・ハリ促進・シミシワ改善など
肌を白くする成分として広く知られているビタミンC。
メラニンの生成抑制をするほか、コラーゲンを生成を促す効果があります。
コラーゲンは、肌のハリを促し、毛穴の開きや肌のたるみの予防にも効果的なのです。
また、ビタミンCはシミやシワの改善、紫外線による「光老化」の予防や改善にも効果があると言われています。
海苔はみかんの約6倍、レモンの約2倍のビタミンCを含んでいるのです!(100gあたり)

②フコキサンチン:肌を活性酸素から守る
褐海藻、特にアカモクには、フコキサンチンが多く含まれています。
フコキサンチンは、βカロテンと同じ赤橙色のカロテノイド色素で、肌のハリや潤いを作り出すのに関わっているのです。
また、肌の水分量を保持し、ターンオーバーを促進する効果も。フコキサンチンは抗酸化作用を有することから、紫外線や加齢などの引き金になっている活性酸素の働きを抑え、お肌の老化を予防する効果もあると言われています。

③水溶性食物繊維:腸内環境を整え、肌の調子を整える
海藻のネバネバ、ヌルヌルに含まれる水溶性食物繊維は、便を柔らかくしてスムーズな排便をサポートします。
「腸活」で知られるように、体に悪いものをため込まないことも健康的なお肌を育てるためには必要です。
水溶性食物繊維は、めかぶ、もずく、わかめ、アカモクなどに多く含まれています。
食物繊維には、主に野菜に含まれる水に溶けない「不溶性食物繊維」と、主に海藻や大麦などに含まれ水に溶ける「水溶性食物繊維」とがありますが、腸内細菌のエサになるのは海藻などに含まれる「水溶性食物繊維」だけなのです!
野菜に含まれる「不溶性食物繊維」は、腸内細菌のエサにならないので、腸内環境を改善しません。
数ある「水溶性食物繊維」の中でも、海藻に含まれるものは水に溶けるとゲル状になり、最も腸内細菌のエサになりやすいと言われています。

④フロロタンニン:日焼けの予防効果
海藻にはフロロタンニンと呼ばれる、抗酸化作用をもった成分が含まれています。
フロロタンニンは海藻だけに含まれるポリフェノール類あり、日焼けの原因の紫外線によるダメージから肌を守る働きがあるとされています。
含有量は海藻により差があり、特にツルアラメと呼ばれる海藻に多く含まれることがわかっています。日常生活ではあまり見かけない海藻ですが、サプリメント等で補うのも効果的です