• 水. 6月 19th, 2024
おいなりさん

行楽シーズンやホームパーティーにぴったりのおいなりさん。
トッピングでいろいろな味が楽しめますネ。
すし飯は、砂糖が入ることによって硬くなりにくく、しっとりおいしく仕上がり、酢も入っているので保存性も高まります。
油揚げには風味のある三温糖を使いました。
砂糖を入れることでふっくらやわらかに、また日持ちも良くなります。

<材料>20個分

  • 油揚げ                               10枚
  • だし                                  200cc
  • A
    ・三温糖                               60g
    ・しょうゆ                           60cc
    ・みりん                              10cc
  • 炊き立てのご飯               2合分
  • B
    ・酢(米酢)                          60cc
    ・上白糖                            大さじ2
    ・塩                                  小さじ1
  • 白ごま、ゆず、しょうが             各適量

【トッピング】

  • サーモン
  • 酢れんこん
  • 錦糸卵
  • アボカド
  • えび
  • きぬさや                  ・・・などお好みで

<作り方>

① 油揚げは2つに切り、沸かした湯に入れて油抜きをします。

② 鍋にAを入れて沸騰させ、①を入れて落し蓋をし、途中、上下を入れ替えながら中火で15分位煮ます。

③ 残った煮汁は強火で飛ばしておきます。(一晩置くと尚よいです。)

④ 炊き立てのご飯に合せたBをまぶし、すし飯を作ります。
(お好みで白ごま、ゆず、しょうがを加えてください。)

⑤ 味がしみた油揚げを軽く絞り、④のすし飯を軽く握って入れ、端まで指で詰めます。
(油揚げの7~8分目が目安)

⑥ ⑤で詰めたすし飯の上にトッピングをお好みでのせます。

トッピングしたおいなりさん

<写真提供>ホームメイドクッキング

<監修>

加藤美弥子氏
株式会社ホームメイドクッキング メニュー開発統括
加藤美弥子氏
株式会社ホームメイドクッキング メニュー開発統括