• 日. 3月 3rd, 2024

激しい運動後の間食に!さつまいものレモンジンジャー煮

さつま芋のジンジャー煮

疲れたときにピッタリの、秋の簡単おやつです。さつまいもに含まれるビタミンB群とビタミンC、レモンに含まれるビタミンCで疲労回復効果が期待できます。また、さつまいもに多い食物繊維は便通をスムーズにしてくれるので、美肌を意識する女性に嬉しい一品です。

さつまいものレモンジンジャー煮 調理時間15分 

★材料(4人分:作りやすい量)
 ・さつまいも・・・1本
 ・レモン・・・1/2個
 ・三温糖・・・大さじ3
 ・生姜・・・1片
 ・紅茶(浸出液)・・・500ml

★作り方
1.さつまいもは1センチ幅に切り、10分ほど水に浸す。レモン、生姜をスライスする。
2.鍋に材料をすべて入れ、落し蓋をしてさつまいもが柔らかくなるまで煮込む。
3.火から下ろし、粗熱を取る。

*栄養成分(1人当たり)*
 エネルギー 126kcal       炭水化物  29.8g
 たんぱく質 0.9g            食塩相当量 0.1g
 脂質    0.5g

★監修コメント★
本来は熱や光などに弱く損失が多いといわれているビタミンCですが、さつまいもやじゃがいもなどの芋類のビタミンCはでんぷんに囲まれた構造をしているため、調理などで失われることは少ないといわれています。もちろんさつまいもには糖質も豊富なので、激しいトレーニングをした後の間食としても最適なメニューですね。

+α
煮汁をお湯で薄めれば、スパイスが程よく効いた体が芯まで温まるレモンティーに。寒くなるこれからの時期に風邪予防としてもオススメです。

<考案者>
笠原 帆乃佳/東京家政大学 栄養学科/東京家政大学スポーツ栄養研究会

<指導>
大畑 瞳/東京家政大学 ヒューマンライフ支援センター 栄養士

 <監修>
内野 美恵/東京家政大学 ヒューマンライフ支援センター准教授/管理栄養士 公認スポーツ栄養士