• 月. 6月 24th, 2024

寒い季節に食べたい合鴨。お正月にはおせちとしてもGOOD!                      
※筋肉づくりは健康と美容の基本と言えます。筋肉づくりのためには、筋肉合成の材料となる「タンパク質」と筋肉づくりを促進する「糖質」を、「運動後早めに摂る」ことが効果的です。

<材料>4人分

  • 合鴨ロース肉(塊)        1枚(300g程度)
  • 長ねぎ                                          1本

【調味料】

  • しょうゆ                              大さじ2
  • 上白糖                                    大さじ1
  • 酒                                           大さじ1
  • みりん                                      小さじ1
  • 黒こしょう                               少々
  • お好みで柚子胡椒や和辛子

<作り方>
①合鴨肉は冷蔵庫から出し、1時間程度室温に置きます。

②長ねぎは5㎝長さに切ります。

③①.の合鴨肉の皮目に格子状に包丁で切れ目を入れます。

④フライパンを火にかけ、熱くなったら皮目から合鴨肉を入れ中火で焼きます。

⑤皮目に美味しそうな色がついたらひっくり返し、身の方にも焼き色を付けます。

⑥肉を取り出し、竹串で何カ所か差して肉を斜めに置き、血抜きをします。(5分程度で良いです。)

⑦フライパンの油を捨て、長ねぎを入れて火にかけ、長ねぎにも美味しそうな焼き色を付けます。

⑧長ねぎを取り出し、合鴨肉を戻し火にかけ、あわせておいた調味料を加え弱火にし、蓋をして4~5分蒸し焼きにします。

⑨長ねぎを戻し火を止め、そのまま冷めるまで置きます。途中で上下を変えると味が絡みます。

⑩合鴨肉をスライスし、長ねぎと盛り付ければ完成です。

※柚子の皮やしし唐辛子も加えると色取りがさらにアップしますね。
※血抜きは手間ですがやると本当においしいですよ。金串とかでさしてぶら下げておく方法も。

<写真提供>ホームメイドクッキング

<監修>

加藤美弥子氏
株式会社ホームメイドクッキング メニュー開発統括