TOPへ

趣里さん出演 映画『秋の理由』10月29日公開

趣里さん出演 映画『秋の理由』10月29日公開
2016/10/28

「一人で生きていない。でも、一人で生きている自分もいる」 ミク役の趣里さんの朗読が、詩人でもある福間健二監督の独特の空間へと誘っていきます。ストレスから声が出なくなった作家、彼の才能を信じて待つ編集者、作家を支える妻、閉塞感の中でもがく60代の3人の前に、突然、奇妙な若い女性が現れます。森の中から突然現れたミク(趣里)を、最初、妖精かと思いました。

 

 

宮本守(伊藤洋三郎)は、本の編集者。親友で作家の村岡正夫(佐野和弘)の代表作『秋の理由』を編集し、世に送り出しました。しかし、それ以来、村岡は原稿を書くことができません。スランプの苦悩から、声が出なくなってしまいました。宮本と村岡は、筆談で会話をします。どこかもどかしい二人の男。

 

伊藤洋三郎と佐野和弘

 

宮本は独身。村岡の妻 美咲(寺島しのぶ)に好意を寄せています。村岡の才能を信じて、また村岡の本を出すために、苦しいながらも出版社を続ける宮本。しかし、純粋な友情だけでなく、自分の中にある美咲への思いが、動機のひとつでもあるという事実に悩む宮本もいます。
先の見えない生活に疲れ果てている美咲は、宮本の気持ちに気づいています。やり場のない思いを抱えた3人の60代の前に、突然、ミクが現れ・・・

 

伊藤洋三郎と趣里

 

「僕は来た。僕は行ってしまう・・・」
ミクと初めに出会うのは、宮本です。ミクは透明感のある不思議な空気を持った女性。村岡の代表作『秋の理由』の大ファンで、何度も読んだというミク。『秋の理由』の一節を朗読するミクの声が随所で流れ、映画『秋の理由』の空気を作り出しているように感じました。

 

『秋の理由』の作者 村岡とミクもまた、別のところで出会います。村岡は、ミクを『秋の理由』のヒロインに似ているといいます。

 

ミクは人の心を読めるのか、宮本と村岡の心を読み取り背中を押すことで、止まっていた歯車が動き出します。

 

puchikomi_161028-03-min

 

変わっていくのは、60代だけではありません。不思議な雰囲気のミクもまた、自分の居場所をみつけ、普通の20代の女の子へと変わっていきます。

 

不安を抱える人々が、出会いによって少しずつ変化していく様が伝わってきました。

 

ミクを演じる趣里さんのインタビュー記事はこちら

 

ミクを演じる趣里さん

 

 

映画『秋の理由』10月29日公開

映画『秋の理由』
10月29日より新宿K’s cinemaにてロードショーほか全国順次公開!
監督 福間健二
出演 伊藤洋三郎 佐野和宏 趣里 寺島しのぶ
配給・宣伝 渋谷プロダクション
Copylight by 『秋の理由』製作委員会

 

0

Related Posts

  1. 女優 趣里さん お客様への感謝を忘れず自分を奮い立たせる

    女優 趣里さん お客様への感謝を忘れず自分を奮い立たせる

    10月29日公開の映画『秋の理由』にヒロインのミク役で出演の女優 趣里さん。NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」の大塚寿美子役でご存知の方も多いだろう。ケガによりバレエ…

  2. バレエ少女の成功と挫折、自立する姿映画『ポリーナ、私を踊る』

    バレエ少女の成功と挫折、自立する姿映画『ポリーナ、私を踊る』

    4歳からバレエを始めたロシア人少女ポリーナの夢は、ボリショイ・バレエ団のバレリーナになること。家庭は貧しかったが、バレエに強い情熱を持ち、厳格な恩師ボジンスキー…

  3. モデル・女優 織田梨沙さん 夢に向かって自分磨きをする 

    モデル・女優 織田梨沙さん 夢に向かって自分磨きをする 

    「カッコイイ女性を演じられるようになりたい」と話すのはモデルで女優の織田梨沙さん。8月4日公開の映画『STAR SAND-星砂物語』でヒロイン梅野洋海を演じてい…

  4. 日女体大バレリーナ バレエの正しい動きはキレイな筋肉がつく

    日女体大バレリーナ バレエの正しい動きはキレイな筋肉がつく

    「バレエの動きは美しい体を作るための動き」と語る呼野美咲さん(日本女子体育大学4年)は、3歳で初舞台を踏み、以来ずっとバレエを続けている。「もっと上手くなりたい…

  5. 日本の若者に観て欲しい映画『STAR SAND-星砂物語-』

    日本の若者に観て欲しい映画『STAR SAND-星砂物語-』

    織田梨沙・満島真之介・吉岡里穂・三浦貴大出演。東京の大学に通う志保が卒業論文の資料として手にしたのは、戦時中の沖縄で16歳の少女・洋海が書いたものだった。「生き…

  6. 波留さん主演 映画「流れ星が消えないうちに」

    波留さん主演 映画「流れ星が消えないうちに」

    女子大生の奈緒子(波留)は、かつての恋人・加地が事故死した以降、自分の部屋で寝ることができなくなり、玄関に布団を敷いて寝ている。そんな奈緒子を支える現在の恋人・…

  7. 親への感謝 家族が愛おしくなる映画「ゆらり」

    親への感謝 家族が愛おしくなる映画「ゆらり」

    家族の形も多様化した現代。でも、親が子を想う愛情は今も昔も変わらない。しかし、子供が親の愛に気づくのは、自分がうんと大人になってからだったりする。「伝えられなか…

  8. 鈴木杏さん登壇!映画『明日にかける橋1989年の思い出』舞台挨拶

    鈴木杏さん登壇!映画『明日にかける橋1989年の思い出』舞台挨拶

    「この橋を全力で走って渡ると願いが叶うんだって!」 酔った勢いで橋を渡った吉行みゆき(鈴木杏)達3人は、目が覚めるとバブル全盛の1989年にタイムスリップして…

RanRun Social

RanRunのソーシャルネットワークは、スポーツ女子インタビュー、大会取材やイベント風景、告知などの情報をリアルタイムでお届けします。