• 日. 2月 25th, 2024

福島県発 学生団体「防災me」令和6年能登半島地震に支援物資提供と物資マッチングサービス「支援マッチ」提供開始

支援物資の横に立つ防災me代表

令和6年能登半島地震で被災されたすべての方々に対して、衷心よりお見舞いを申し上げるとともに、お亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

学生団体 防災me(所在地:福島県郡山市、代表:隂山弘暉、以下:防災me)が2024年1月21日、防災用品メーカーの有限会社防災防犯ダイレクト(所在地:長野県長野市、代表取締役:塚本祐平、以下「防災防犯ダイレクト」)より、防災meが提供する支援物資のマッチングサービス「支援マッチ」に提供された、計3,810点の防災グッズを石川県七尾市に支援物資として届けた。
また、2024年2月2日(金)より、「令和6年能登半島地震」被災地の方々に向けて、支援物資のマッチングサービス「支援マッチ(旧:災害支援ポータル)」の提供を開始した。

石川県七尾市に支援物資計3,810点を提供

防災meは2024年1月21日(日)に、防災防犯ダイレクトからの支援物資 計3,810点(非常用寝袋や非常用圧縮毛布、アルファ化米、水のいらないシャンプー、食品加熱袋・加熱剤、ウェットボディタオルなど)の提供を受け、被害地域の方々のリクエストをもとに、石川県七尾市へ提供した。
当日は、「防災me」の学生運営メンバー3名が七尾市を訪れ、物資支援を行った。

支援物資のマッチングサービス「支援マッチ」の提供を開始

2024年2月2日(金)より、支援物資のマッチングサービス「支援マッチ(旧:災害支援ポータル)」の提供を開始した。

URL:https://shien-match.jp/

「支援マッチ」は、物資を求めている自治体・避難所・団体等と、物資を提供したい企業をマッチングさせるプラットフォーム。
「防災me」の学生メンバーが運営を行なっており、SNS等を活用しながら、物資提供を迅速かつ円滑にサポートしている。

「支援マッチ」アプリのイメージ画像

学生団体 「防災me」

防災meは、福島県発の学生団体。
「誰一人取り残さない、新たな形の防災を作る。」というミッションのもと、防災意識向上を目指して、防災啓発活動を行っている。
防災メディアサイト「防災me(https://bousai.me)」の運営をはじめ、SNS(公式X:@bousai_me)での動画配信、イベントの企画・出展など幅広く活動している。

「支援マッチ」に関するお問い合わせ https://bousai.me/contact

https://bousai.me/contact